白髪染めを選ぶ時に、よく染まるものが欲しい!と思うことはもちろんですが、
同時にできるだけ髪へのダメージは少なくしたいのが本音ですよね。

そんな時、注目したいのが、各メーカーが髪のケアのために独自に配合している髪天然成分です。 染まり具合には直接関係ないものの、毛髪のダメージからの保護や、保湿といった髪へのやさしさに配慮する目的で配合されています。 各社それぞれ工夫されていますが、中でも代表的な成分についてピックアップしてご紹介します。

昆布系

まず最も多くのアイテムに配合されているのが昆布です。
ネバネバ成分に含まれるフコイダンには、海藻が自らのキズをふさいだり、乾燥や細菌から身を守るバリア機能を備えています。また、このネバリが優れた保湿力を発揮し、頭皮や髪を乾燥から守ります。昆布の種類にも特徴があり、中でもガゴメ昆布は他の海藻類に比べネバリ成分が非常に強く、質の良いフコイダンをたくさん作るといわれています。

昆布を配合しているオススメ白髪染め

  • LPLP(ルプルプ)

    ガゴメ昆布フコイダン

  • 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻昆布

  • くろめ

    くろめ昆布

ハーブ系

ヨーロッパでは、まだアロマテラピーが無い時代からハーブ水を洗髪やすすぎに使っているほど、ハーブと髪の関係は密接に関係しています。
お悩みに合ったエッセンシャルオイルを選ぶことで抜群の効果を発揮します。ぜひどんなハーブが配合されているのか調べてみて最適な白髪染めを選んでみましょう。

ハーブを配合しているオススメ白髪染め

  • ピュアリッチ

    天然トリートメントハーブ「シカカイ」

  • うるぷら美人

    ラベンダー、ベルガモットなど

アルガンオイル

アルガンオイルはモロッコに原生する木々から取られたオイルで、昔から健康と美に関する様々な用途に使われてきました。アルガンツリーの実から取られたアルガンオイルは、自然の脂肪酸に富み、強い抗酸化作用のあるフェノールを含んだ非常に珍しいオイルです。枝毛や縮れ毛を防ぎ、抜け毛予防にも効果があるといわれています。

アルガンオイルを配合しているオススメ白髪染め

  • スカルプDボーテ

    アルガンオイル

椿油

椿油の成分の80%以上は「オレイン酸」という脂肪酸。人の肌の主成分は40%がオレイン酸と言われており、椿油が髪や肌によいといわれています。

椿油を配合しているオススメ白髪染め

  • 玉髪(たまぐし)

    椿油をはじめ8種の成分

PAGE TOP