あなたは白髪染めを選ぶ時、なにを基準にして選んでいますか?
お値段、染まりやすさ、使いやすさなど人によってその基準はいろいろありますが、
見逃されているものに白髪染めの持つ「ph(ペーハー)値」というものがあります。
実はこのphは、染まりやすさや髪へのやさしさを考える上でとてもわかりやすい指標となり、あなたに最適な白髪染めを選ぶことができる参考になるかもしれません!

ph値ってそもそもなに?

理科の授業を思い出してみてください。リトマス試験紙を使って、酸性、アルカリ性を判別したことはありませんか?
phとは酸性・アルカリ性の程度を表す単位のことです。
大きく分けると、ph7を中性とし、それより低いものは酸性、高いものはアルカリ性とよんでいます。

では、髪の毛のpH値はそもそもどうなっているかというと、ph4.5~5.5と中性7に対して弱酸性にあります。
また、髪のキューティクルは酸性物質には強く、アルカリ性物質には弱い特徴があります。

髪がアルカリ性に弱いことに着目して染める酸化染毛剤

市販の酸化染毛剤と呼ばれる白髪染めは、アイテムによりph10~14のアルカリ性の性質をもち、髪のアルカリ性への弱さ応用し、キューティクルを強制的に開かせることによって明るい色も表現可能で良く染まります。ただし、その分髪へのダメージも進んでしまいます。

反面、ヘアカラートリートメントと呼ばれる白髪染めは、アイテムにもよりますが、概ねph4~8といった弱酸性~中性~微アルカリ性に位置しています。酸性寄りになるので、髪へのダメージは小さい反面、暗い色を中心にしか表現できません。 また弱酸性に寄るほど色持ちも若干劣ります。

上の比較写真は、酸化染毛剤、ヘアカラートリートメントを使った後のキューティクルの状態です。
酸化染毛剤を使った後はキュールティクルがこのようにはがれ落ち、組織が壊れてしまうので、髪への負担は相当なものになるのです。

phのバランスのとれた白髪染めはこちら!

つまりまとめるとこういうことになります。

  染まりやすさ 髪への優しさ
酸化染毛剤 ×
ヘアカラートリートメント △~○

お互いによいところ、悪いところがあることがお分かり頂けると思います。
つまり、髪へのダメージと染まり具合両立させる無難な白髪染めの種類を選ぶとすれば、どちらかに偏りもせず、バランスを重要視することが必要です。
そのポイントで考えると染まりもほどほど良く、ダメージもほどほど少ないph8の微アルカリ性、もしくは中性の白髪染めを選ぶとよいということになります。

もちろんph値は、選ぶ際の指標の一つとなるので、あとは個人個人の使いやすさや価格など、総合力を見て長く使い続けられる白髪染めを選んでみてください。最後に参考までに染まりやすさと髪への優しさが両立できる白髪染めをご紹介します。

phのバランスがとれたおすすめ白髪染めはこちら

  • LPLP(ルプルプ)
  • 利尻ヘアカラートリートメント
  • 玉髪(たまぐし)
PAGE TOP